ユーザー訪問

Civil

株式会社テス様

midas Civilを鉄道の解析で使用

株式会社テスは、鉄道総合技術研究所とともに鉄道技術のトータルエンジニアリング企業として活動しています。鉄道車両に関わる試験および測定、軌道構造物に関わる試験解析、 環境測定(騒音・振動・低周波音)、構造物健全度診断などを行うほか、鉄道資材・測定解析装置の販売も行っている会社です。
土木部の臼井部長と赤坂様にお話をうかがいました。

左より臼井部長、赤坂様

1週間かかると思われた解析がその場で完了

モデル図

変位図

midas Civilは昨年冬に導入いたしました。具体的な案件についての詳細はご紹介できないのですが、高架橋のある箇所ですが、かなり複雑な形状をしている部分の応力・変形解析が必要になりました。既存のソフトウェアもありましたが、モデル化するだけでもかなり手間がかかりそうでしたので、以前ご紹介をいただいたmidas Civilを思い出し、データ作成→解析→ポスト処理の実演を見せていただきました。プレゼンテーションではなく、実際のモデルの作成を見せていただいたわけですが、既存のソフトウェアだったら1週間以上はかかりそうな感じの計算が、その場で形状作成、メッシュ分割、荷重の入力、そして解析と完了してしまったのには驚きました。

ポスト処理も大変ビジュアルな結果を得ることができ、説明が非常にやりやすく、お客様からも高い評価をいただき、導入して本当に良かったと思いました。

月1回無償のセミナーが行われているので、新人教育や、経験者でも使い方を忘れそうになったときに利用させていただいております。これにも大変感謝しております。

( 図は、例題による解析です。)

橋梁下部工の調査へ

橋梁下部工の調査は、弊社が1000基以上の実績を持っている業務です。衝撃振動試験という手法を使用しておりますが、橋脚に衝撃を与えてその波形を解析して健全度を判定するものです。それにmidas Civilによる3次元動的解析を追加することで、更に健全度判定の精度を上げることが可能と考えております。是非、取り組んでいきたいテーマです。

ホームページ: 株式会社テス様 » http://www.tess.co.jp/info/index.html

臼井様、赤坂様ありがとうございました。鉄道総合技術研究所の関連会社である(株)テス様にmidas civilを選定いただき、更にソフトウェアの性能を高く評価していただき、大変うれしく思います。これからも高度な解析に利用していただきたいと存じます

(クレアテック:馬場 2011.8.9)