ニュース

年頭のご挨拶

2017.01.01あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

3年連続となる日本人ノーベル賞の受賞の報に湧き上がった2016年は、リオ五輪での内村選手、伊調選手や錦織選手など、多くのスポーツ選手の大活躍に心躍らせた年でした。また、北海道新幹線の開業やリニア中央新幹線の品川駅新設工事の着工など、社会資本整備に微力ながら携わる者として意義深い年でもありました。

同時に2016年は、残念ながら立て続けの災害に多くの人々が苦しんだ年でもありました。最大震度7の熊本地震が春に発生し、家屋倒壊や土砂災害により数多くの被害が生じました。夏には台風10号により北日本に甚大な被害が生じました。北海道の国道274号線は現時点で未だ不通となっており、隣接する道東自動車道が迂回路として無料開放されている状況です。さらに秋には阿蘇山が噴火し、高さ11,000mの噴煙や、火口から1kmを超える範囲で大きな噴石の飛散が確認されるなど、地元周辺の住民に大きな緊張が走りました。

そうした中で、国土交通省においては11月28日「インフラメンテナンス国民会議」の設立総会が開催されました。「インフラメンテナンス国民会議」は、社会全体でインフラメンテナンスに効率的に取り組む機運を高め、未来世代によりよいインフラを引き継ぐべく、産学官民が有する技術や知恵を総動員するためのプラットフォームとして貢献していくことを目的としています。インフラの維持・管理に関わる課題が山積している中で、現場のニーズに即した、これまでにないレベルの技術開発や国を挙げての取り組みが加速されることになるでしょう。

国民生活を支える社会資本を整備するという大事な責務を果たす技術者集団として、担うべき技術的課題と社会的使命に限りはないとの信念のもと、なおいっそう努力と研鑽を重ねてまいります。

本年も何卒、変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
皆様の益々のご活躍とご繁栄を心からお祈り申し上げ、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

2017年 元旦
株式会社クレアテック
代表取締役  鄭 光司