総合建設コンサルタント 株式会社クレアテック




midas GTS

機能紹介

5.トンネルウィザード

GTS は実際地層および地表面の形状を考慮して複雑なトンネルモデルを簡単に生成できる多様な幾何形状モデリング機能を提供します。特に、一定パタンで掘進するトンネルの検討に対してはウィザード機能を提供して、全断面/半断面掘削、一方向/両方向掘削など、多様な条件に対する荷重分配率(LDF)を簡単に決定することができます。

  • 道路トンネル
    • - 始/終点杭口部、避難連絡杭
    • - 非常駐車場、換気坑(垂直口-横坑)、電気室、断層破鎖帯、低土被り区間、非岩トンネル、隣接構造物/発破振動の影響検討
  • 鉄道/地下鉄のトンネル
    • - 接続部(T形/y形)、シールドTBM、機械室、TRcM/CAM工法、停車場、移動荷重の検討、鋼管多段グラウティング(Pipe Roof)、縫地工法(Forepoling)、鋼支保材
  • 全断面掘削、上下分割掘削、リングカット、CDカット、オープンカット、2アーチ、3アーチ
トンネル モデリング ウィザード
ステップ1 : トンネル数および断面形状、掘削形状の定義
トンネル モデリング ウィザード:STEP1
ステップ2: 吹付けコンクリートおよびロックボルトの定義
トンネル モデリング ウィザード:STEP2
ステップ 3 : 施工段階の定義(掘削タイプ&掘進等)
トンネル モデリング ウィザード:STEP3
ステップ 4 : 断面メッシュをチェックし、地形情報を定義する。
トンネル モデリング ウィザード:STEP4
ウィザードにより生成されるモデル(左)、解析データ(右)
  • 前へ
  • 次へ