総合建設コンサルタント 株式会社クレアテック




midas GTS

機能紹介

4.解 析

解析機能
解析機能について
要素ライブラリ

GTSで使用可能な有限要素の種類(要素ライブラリ)は、使用目的により次のように分類されます。

ソリッドのマップドメッシュ

GTSは、線要素および曲線タイプ・板要素・平面応力要素・ソリッド要素を簡単に作成できます。

GTSでは、すべての要素を3種類の方法で作成することができます。

  1. (1)自動/マップドメッシュ生成、メッシュ突起とメッシュ接続
  2. (2)GUIとテーブルによる手動生成
  3. (3)他ソフトからのメッシュデータの読み込み
材料モデル

GTSでは、信頼の高い多様な材料モデルを用いて精密解析をおこなうことにより、地盤および構造物の正確な挙動を把握することができます。

材料モデル
荷重 & 境界条件

GTSにおいて、使用可能な荷重および境界条件は、使用目的により次のように提供しています。

荷重
境界条件
システムソルバ―
材料モデル
  • 前へ
  • 次へ