総合建設コンサルタント 株式会社クレアテック




midas FEA

機能紹介

3.メッシュ生成

3-4.押し出しメッシュ

midas FEAでは、手動で生成できる様々なメッシュ生成方法を提供します。
midas FEAでは、アドバンストのモデリング方法を通じて、様々なジオメトリを利用して、節点と要素を含めた押出しメッシュが生成できます。

押出し 下位タイプの要素を直線方向に押出して、上位タイプの要素を作成します。
<@>節点→1D、1D→2D、カーブ→2D、2D→3D
回転押出し 下位タイプの要素を円形方向に押出して、上位タイプの要素を作成します。
<@>節点→1D、1D→2D、カーブ→2D、2D→3D
投影 下位タイプの要素をカーブ又は平面サーフェス上に投影して、上位タイプの要素を作成します。
<@>節点→1D、1D→2D、カーブ→2D、2D→3D、3D→3D
スイープ 下位タイプの要素の線形ガイドカーブ又は節点分布に沿って押出して、上位タイプの要素を作成します。スイープでは、押出す要素サイズに倍率が適用できます。
<@>節点→1D、1D→2D、カーブ→2D、2D→3D
オフセット 下位タイプの要素を垂直方向に押出して、上位タイプの要素を作成します。
<@>1D→2D、カーブ→2D、2D→3D
埋め 下位タイプの同じトポロジを持つ2つの要素グループ間を上位タイプの要素で埋めます。
<@>節点→1D、1D→2D、カーブ→2D、2D→3D
メッシュサイズの指定
適応節点の生成
  • 前へ
  • 次へ