解析事例

Civil

midas Civilでこんな解析をしました… Vol.19

影響線解析

 midasCivilの移動荷重解析機能を用いて簡単な梁の影響線解析を行いました。解析対象としたのは図1に示すスパン10mの単純梁に3個の連行荷重が作用するケースです。  点Cにおける最大せん断力、.....続きはこちら

GTS

midas GTSNX 機能紹介… Vol.8

 今回はGTSNXの「軸対称」について紹介します。  軸対称とは,図-1に示すような解析モデルが対称軸を中心に回転方向に同一モデル・同一荷重の場合に,3次元解析と同様の結果が得られる解析方法です.....続きはこちら

Civil

midas Civilでこんな解析をしました… Vol.18

微小変位における回転変形

 FEMにおいて回転変形はラジアンで入力することになるのですが、この回転変形を入力する際に微小変位と大変形での違いに注意が必要です。 ラジアンについて  まずラジアンについての説明ですが、角.....続きはこちら

GTS

midas GTSNX 機能紹介… Vol.7

 GTS NX において新たに追加された機能の一つである「初期応力」について紹介します。 図-1 初期応力入力画面(荷重>初期応力)  これは、静的応力解析時において、初期応力状態を作る際.....続きはこちら

Civil

midas Civilでこんな解析をしました… Vol.17

M-φ計算 その1

 midasCivilのM-φ自動計算機能を使って、円形、矩形断面のM-φ関係を計算してみました。パラメータは断面形状のほかに、軸方向鉄筋比をおおよそ0.5%、1.0%、2.5%の3ケース、軸力比を0.....続きはこちら

Civil

midas Civilでこんな解析をしました… Vol.16

アーチ構造の再分割

 円形構造物、アーチ形構造物を解析することはよくあります。そこでメッシュ分割をする際に細かく分割したつもりでも解析を進めていく過程でさらに細かくする場合があります。しかし、このときの分割方法によっては.....続きはこちら

GTS

midas GTSNX 機能紹介… Vol.6

GTS NX ver.200が今年1月にリリースされました。 機能修正・追加についてはリリースノートを参照下さい。 今回は追加機能の一つである「関口-太田モデル(弾塑性、粘弾塑性)」につい.....続きはこちら

GTS

midas GTSNX 機能紹介… Vol.5

GTS NX ver.200が今年1月にリリースされました。 機能修正・追加についてはリリースノートを参照下さい。 今回は追加機能の一つである「幾何非線形(アクティブ要素変形-前段階変形の考慮.....続きはこちら

Civil

midas Civilでこんな解析をしました… Vol.15

長柱の座屈固有値解析

 midasCivilの座屈固有値解析機能を用いて長柱の座屈荷重を求めてみました。対象としたのはH形鋼の規格材であるH100×100×6/8(図1)です。柱の諸元を表1に示します。モデルでは柱長さをL.....続きはこちら

GTS

midas GTSNX 機能紹介… Vol.4

「GTSNX」の操作方法をご紹介します。旧GTSと同じ操作が多いですが、一部に大きく異なっている所があります。 1.基本的な操作は、左上の〇で囲ったアイコンをクリックします。終了は右下です。 .....続きはこちら