CREATEC Blog

明晰夢(めいせきむ)

1711 明晰夢とは、夢だと自覚しながら見ている夢で、人によっては内容を制御できます。制御までできなくても明晰夢を見たことがある人は大勢いらっしゃると思います。一生のうち誰しも一度は見るとの話もあるようですので。ただ、私のように年に何回も見て高確率で制御もできる人は少ないようです(何か役に立つわけではありません)。自分の経験では、まず過去に同じような夢を見たり、ほっぺをつねっても痛くないなどから夢だと判断します。夢だと分かった場合、起きてしまいそうになることがありますが、そんなときは気合を入れて眠るようにします。そして自分の思うように夢をコントロールするのです。うまくいった場合は結構楽しいです。今まで大体うまくいってるのですが、ネットで調べてみたところ、うまくいかなかった場合には危険を伴うこともあるようです。例えば、悪い夢を見て良い方にコントロールできなかった場合には、次に眠るのが怖くなる(ときに眠れなくなる)こともあるそうです。

 明晰夢の一種として、空を飛ぶ夢を見たことがあります。アイアンマンみたいに高くかつ早く飛ぶことはできませんでしたが、数百メートルくらいの高さまで上昇することができました。このときの原動力は念力みたいなものでして言葉でお伝えするのは難しいのですが、特定の感覚で精神集中するとグーっと浮上っていけました。別のパターンとして、手で漕ぐような動作をすることでふわふわと浮上っていくこともありました。こういった状態では高いビルの上から飛び降りても大丈夫なのですが、もし間違えてそれが現実世界だったらと思うとぞっとします。過ちを犯さないためには、ほっぺをつねるなどして夢と現実を判別するという行動を怠れません。

 明晰夢を見る人は、想像力が豊かな人、妄想癖がある人、論理的思考ができる人などのようですが、一つ注意が必要と思うのは夢の中のように調子に乗って現実世界で人様に迷惑をかけることのないようにせねばということです。
(証)