CREATEC Blog

アオモンイトトンボ

イトトンボの撮影に成功しました。
よく似ているのがあって確信は持てませんがアオモンイトトンボという種類と思われます。

観測定点には小さな湧水が2か所あって、その周辺をフワフワと飛び回っています。何度も撮影にトライしましたが、体長は3㎝程度、体も細く且つなかなか静止してくれないので失敗を繰り返しました。
下手な鉄砲でも数撃てば、と何度もチャレンジした結果やっと成功。水草とのコントラストもあってちょっと幻想的な写真ができました。

今は恋の季節で、上の写真では2つのカップルが産卵中です。頭部と尻尾の先が青いのがオスです。写真中央のオスは翅がはっきり写っていませんが飛翔しています。
下はカップルに別のオスが接近している所のようです。メスを奪い取ろうとしているのか、奪われてしまった後なのかどちらでしょうか。こちらは翅がはっきり写り、「別のオス」の方がホバリングしているのがわかります。

S1706-1


S1706-2

(K.B)