CREATEC Blog

格安SIMへの移行奮戦記(その2)

G1704 前々月からの続きです。
 ここから、実際に行った手続きを時系列に書いていきます。

○12/23(金)(天皇誕生日)午前
 まず、MNP変更手続きをすることに。これは、auの電話番号を他社で使えるために必要で、au相手に手続きを行いMNP予約番号というものをもらう必要がある。
 ネットの記事等では、この手続きは、キャリアの店舗、電話、ネットの3つの方法があるが、引留め工作がありわずらわしいのでネットで申し込むのがお勧めとある。しかし、よくよく調べてみると、これはdocomoのことでauにはネットで申し込むことは出来なかった。
 仕方ないのでauに電話。しかし、心配していた引留め工作は全くなく、いたってスムーズに終了。拍子抜けである。最初に格安SIMに変えると言ったので最初からあきらめたのかもしれない。
 電話での主なやり取りは、

・乗り換える理由は⇒安い格安SIMに乗り換える

・乗り換え先は⇒決まってない

・12/31が2年縛りの返答期限なので、それまでに乗り換えないと新たに2年縛りの違約金が発生する⇒了解

・MNP転出手数料3,000円が請求される⇒了解

・MNP予約番号⇒了解(しかし、これは後からメールも送られてきた)というところ。


MNPの予約番号が手に入ったら、次はiPhoneの購入手続き。こちらは、ネットでAppleのサイトに入り、即座に終了。iPhone SE(49,800円)が翌日に到着するとのこと。

○12/24(土)午前
 Apple からiPhone SEが到着。
 iPhone 5sを12/18に到着したMacbook Proにバックアップ。

○12/24(土)午後
 自宅から徒歩5分で、SIMを即時発行できるUQモバイルの店舗が入っているコジマに行く。店内には、各携帯会社のブースが並んでいる。しかし、格安SIMもY!mobile、BIC SIMのブースはあるが、UQモバイルのブースが見つからない。うろうろしていると、どこかのキャリアの店員から声をかけられた。すぐに見つかると思ったので、「大丈夫です。」と答えたが見つからない。しばらくうろうろしていると、また、auの店員から声をかけられた。今度は素直にUQモバイルを探していると言うと、こちらだと教えてくれた。なんと10人ぐらいが対応できそうなauのブースの片隅に1人だけ違う上着を着た店員がいた。わかりにくい。店員は一人だけで先客がいたので待っている間に若いauの店員と少し話をしたが、彼の田舎のご両親も格安SIMにしたそうだ。販売員の肉親が格安SIMにしているぐらいだから、格安SIMの勢いがわかる。
 先客がやっと終わり、店員と話をすると、混んでいるので手続きに2時間半ぐらいかかると言われた。休日はやはり混むそうだ。26日(月)に別件で休暇をとっていたので、申込用紙を受け取って帰宅した。

○12/26(月)午前
 記入した申込用紙を持って再度コジマへ。するとUQモバイルの店員がブースにいない。auの店員に店内インターコムで呼んでもらって、やっと手続き開始。既に申込用紙に記入してあったので、すぐに終了。しかし、SIM作成に1時間ぐらいかかるので、1時間後に来てくれという話。仕方ないので別件の用事を済ませるために店外へ。
 店を出て4~50分後にふとスマホを見ると圏外になっていた。どうやら手続きが終了しauが無効になったらしい。
1時間後に店に戻ったら、また店員がいない。再度呼び出してもらって、SIM料金3,000円を払い。SIMを受け取って帰宅。

○12/26(月)14:00頃
 これから、最後の仕上げ。
 帰宅後、iPhone SEに受け取ったSIMを挿入。そして、Wi-Fi経由でUQモバイルのサイトからプロファイルをインストールし、これで電話が使える状態になった。
 Macbook Pro から、バックアップしてあったiPhone 5sの中身をiPhone SEに戻す。戻した後に、Apple IDの問題でトラブル発生。iPhoneが昔使用していた古いApple IDのパスワードを何度も要求する。そう言えば、5sを購入した時も似たようなことがあったような・・・。苦労して何とか解決し、やっと終了。
 外はもう暗い。
 ※写真は、約30年前に購入したMacintosh SE/30。懐かしい人には懐かしい?

(ご)

(※価格は税抜価格)

(続く)